脱毛が受けられる人と受けられない人の差はどこ?

日焼けをしている場合は注意しましょう

脱毛をやってもらう場合、日焼けをしていると施術を拒否されてしまう可能性が高いです。そのため殆どの脱毛サロンやクリニックでは、日焼けに気を付けて下さいと注意説明をしていますよね。
日焼けをしているとダメな理由は光が上手く反応しなくなるからです。脱毛サロンやクリニックでは光を用いた施術を行うことが多いですが、照射される光は黒い色素に反応するという特徴を持っています。それによって熱が加わり脱毛ができるという仕組みなのですが、ところが日焼けをしていると肌の方にも光が反応してしまいますので、上手く脱毛もできなくなってしまうというわけです。おまけに肌への刺激にもなってしまいますから、肌を傷めてしまうリスクもあって日焼け肌はNGになっていることが多いです。

セルフ脱毛で肌がボロボロの人も要注意

自分でムダ毛対策をやってしまうという人は多いと思われますが、中には脱毛のやり過ぎで肌の状態が良くないという人もいるのではないでしょうか。そういった人は脱毛を拒否されてしまう可能性が高いですから注意が必要です。
肌がボロボロの状態ですと、施術をする時にもダメージになってしまう懸念があります。特にプロの使うマシンは強力ですので肌への刺激も弱くありません。そのため健康な肌ではないと施術を断られてしまうことがあります。したがって脱毛をやってもらいたい場合は、まず肌の状態を整えるようにし、それから相談へ行くようにした方が良いでしょう。
ただ、中には肌が荒れている人でも利用できる脱毛サロンもあります。熱の力を使わずにノーダメージでできる脱毛法もあり、そうした施術を用意しているところなら利用できる可能性があると言えます。